仕事で占いを使う前の注意事項

例えば兼業で占いをやっており、通常の仕事でも占いを活用していたとしましょう。注意点としては闇雲に仕事に対して占いを使っていることを言わない方が良いということです。また得意先にも「占いで運勢を視て欲しい」と頼まれるまではこちらから占いに興味を持たせるようなことはしないようにすることが懸命です。

実は世の中には占いが嫌いな人がいます。怖い、胡散臭いといったイメージを持つ方も少なからず存在しているのです。ですから勝手に占いをしてその結果を伝えると自分だけでなく勤務している会社にまで迷惑をかける可能性があります。もし占い結果を伝えるのであれば頼まれた時だけにするのが望ましい対策といえます。

また占いをすれば良い結果だけでなく悪い結果が視えるケースもあるでしょう。しかし占いですので、それを踏まえたうえで対策方法、開運方法を伝えてあげるのは鉄則です。

それによってもし相手会社の業績が伸びれば感謝もされますし、営業職としてではなく占い師として会社を視て欲しいと頼まれる可能性だってあります。

占いは様々な場面で利用用途がありますが、便利なだけに取り扱いするときは最新の注意も必要となることは覚えておきましょう。

政治家、芸能人も占いに頼る方は多い

テレビのワイドショーなどを見ていると政治家、芸能人が占いに頼っていたり、自称占い師に洗脳されたなんて報道がたまにあったりします。確かに悪い占い師をおかかえにしてしまうとトラブルに巻き込まれる可能性がありますが、意外と企業社長、政治家、タレント、芸能人の中には自分のおかかえ占い師や趣味で占いを受けている方が多いと言われています。

やはり人前でパフォーマンスをする仕事はいっけん華やかに見えますが裏では多大なストレスを抱えているケース。重大な決断をするケースが存在しています。そういった判断を論理的にするために信頼できる第三者と考えたりするケースは少なくありません。

基本的に実力をもち賢い占い師はあまり表に出てこないとされています。

占いは自分にとっても相手にとっても諸刃の剣になるケースもあるので臨機応変に占いを使うことがプロになろうと思っている方には必要となってきます。

MENU

Copyright (C) ゲーム・恋愛・占い好きのキャバ嬢カオル All Rights Reserved.