占いの技術は一般的な仕事にも応用できる

実は占い師の中には本業で昼間の仕事を持ちながら占いの勉強をして鑑定を行っている人もいます。同時にプロとしてデビューしたとしても生活するだけの収入がなく、アルバイトやパートをしている人もかなりの数がいます。

ですが、占いといった特殊な職業上、兼業であっても上手く占いを活かした仕事などがあったりします。

プロ占い師になって収入が少ないとしても占いの技術を活かした方法で仕事があります。占い師の高い技術といえば鋭い洞察力など。つまり人間観察が得意といったことになります。

例えば対人間相手の仕事であればいつでも占いで勉強した技術などを応用して対応することが可能。他にもパソコンを使う仕事であっても占いを利用して職場の人間関係が上手くいくかどうかの判断もできたりします。色々なところで占いの技術を役立たせることが可能といったわけです。同時に生活の中から常に占いを使いなら生活していると技術力の向上に繋がっていきます。

占いの技術が活かせる仕事といえば営業職

営業職の場合、まずは相手の名前や人となりを知ることから始まります。家や会社を訪問したりして名刺を配ったり相手の名前を覚えたりするはずです。この時に名前に注目してみます。この時に姓名判断の占い技術が生かされてきたりします。

例えば末尾が「一」の占いでは自己主張が強いタイプとされる相手であれば相手をほめちぎって良い気分にさせてから商談に入るなど営業の戦略を占いから立てることが可能。

あくまで営業中の仕事の合間に分析をしていくので簡略化した形でも仕事の参考になり、成績が伸びる可能性だって大いにあるはずです。

また保険など相手の個人情報を記入してもらうような仕事であれば生年月日がわかるはずです。ここでは占星術や四柱推命などを活用して運勢であったり近未来の出来事を視てみるのも良いかもしれません。

意外と保険屋として働いている占い師の方は多いと聞きます。もし顧客が占いに興味がある人であればお金を頂かず営業の延長で簡単に占いをしてあげるだけでもかなり喜ばれるようです。そこから占いの仕事にも繋がったりするので兼業で占いをやる方法も侮ってはいけません。

こうやって見ると本当に多くの職業で占いの技術を活かせることがわかってくると思います。占い鑑定とは別で働いて自分の技術を磨いていくこともできますし、客観的にみて自分の占い精度がどの程度なのかも計ることができます。もし占いの勉強をしていていきなりプロデビューするのが億劫な場合は兼業で活用して精度を高めていくのも良い占い師になる方法の一つです。

MENU

Copyright (C) ゲーム・恋愛・占い好きのキャバ嬢カオル All Rights Reserved.