最新SFシューティングゲーム「SWBF」

PS4独占タイトルではありませんが、FPS、TPSゲームとして完成度も高く初心者もとっつやすいのがスターウォーズバトルフロントです。

私はPS4で遊んでいますが、超高グラフィックなのにラグもなく快適にプレイできているのはスゴいの一言。

またボタン切り替え1つでFPS視点、TPS視点にできるので今までFPSは苦手だった人も自分のプレイするキャラの後ろ姿が見える形でプレイできるのでオススメです。特にスプラトゥーンからシューティングゲームにハマった人は絶対プレイして欲しいタイトルですね。

一応、販売されているハードはPS4、PC、Xboxとなっています。

初心者でも打ち勝ちやすいシューティングゲーム

SWBFが初心者にもオススメできるポイントしては体力が高い。銃弾の反動や反れが少ないといった点で初めてのシューティングゲームでも相手を倒しやすいことにあります。

通常のFPSゲームをプレイしたことがある人は感じているかもしれませんが、どこからともなく打たれてリスポンなんてしょっちゅうです。そういったガチ勢がいるゲームに比べると比較的カジュアルな気持ちでゲームプレイができます。

またTPS視点にすると視界が広がるので敵を見つけやすく相手よりも先にブラスター銃を打って倒すこともできます。

世界観がスターウォーズそのまま

スターウォーズファンは世界的にみても多いです。あの世界を忠実に再現しており、まるで映画のワンシーンを見ているような臨場感を味わうことができるのはこのゲームだけ。

ファンゲー、キャラゲーなんて言われていますが、シューティングゲームとしては十分に面白くスターウォーズの世界も楽しめる。そんなゲームがスターウォーズバトルフロントになっています。

プレイして私が興奮したのがサウンド面です。本当に映画のままのサウンドを取り入れておりスターウォーズ好きなら興奮することが間違いありません。DICEが販売している人気ゲーム「バトルフィールド4」もやりこんでだいぶ飽きてきていたのでSWBFは新たなに長くプレイできるゲームタイトルとして私のお気に入りコレクションに追加しています。

今後は無料DLCも随時追加されていく

スターウォーズバトルフロントは発売されて、それで終わりではありません。販売会社であるDICEは数ヶ月間に渡り、無料DLCでマップや武器も増やしていくことを約束しています。

同時にシーズンパスと呼ばれる拡張コンテンツも販売されているのでドンドン、ゲームボリュームとしては増える一方。

今でも十分過ぎるほど楽しくプレイできていますが、今後はさらにコンテンツが増えると思うと来年のバトルフィールド5までは余裕で過疎も気にせずに遊べると思います。

MENU

Copyright (C) ゲーム・恋愛・占い好きのキャバ嬢カオル All Rights Reserved.